メニュー サンプルバナーです。 サンプルバナーです。 サンプルバナーです。 サンプルバナーです。 サンプルバナーです。

ウェブデザインって楽しい!!!!

私が初めてウェブサイトを作ったのが、中学校二年生の時でした。当時、流行っていたあるオンラインゲームを自分で作ってみたいと思ったのがきっかけでした(昔のオンラインゲームは、大変簡素で個人でも十分運営できるものでした)。それからウェブサイトに触れていくうちに、ゲームを作るというウェブプログラミングよりも、ウェブサイトをデザインするウェブデザインの方に興味を持つようになりました。

私は、ウェブデザインが好きです。それは、ウェブサイトとはアート(芸術)であり、ツール(道具)であるからです。ただ綺麗でも、ただ使いやすくてもだめなのです。その絶妙なバランスを見つけ出し、人が感動し、人にやさしいウェブサイトを作り出すことが、私の目標です。

プロっぽいって何?

プロの定義

プロの作ったウェブサイトの例:Yahoo!JAPAN

プロの定義ってなんでしょうか。たとえば、左の写真のようなサイトを作った人は、プロですね。個人的には、
「自分の作品に対して第三者からお金をもらって生活している」
ということじゃないかなぁ、と思います。となると私は、お金をもらってウェブサイトを作ったことはありますが、それで生活しているわけではないので、プロではありません。しかし、プロではないという長所を活かし、プロと素人の中間という立場からわかりやすく、あなたにはプロ並みのウェブサイトを作らせますので、安心して私について来てください。

プロになるために…

タイトル
左メニューコンテンツ1
コンテンツ2
コンテンツ3

プロかどうかの違いは、私達が普段見ている画面だけではわかりません。それを知るためには、ソースを見る必要があります。たとえば、上の表。表をこのように、レイアウトとして使ってはいけません。レイアウトはCSSの役割で、HTTLの役割ではないからです。このように、同じような表示されるけど、書き方が違う、ということが多々あります。これをちゃんと基準通りに作れるようになれば、立派なプロと言えるでしょう。私?私は8〜9割くらい出来ていると思っています。^^;

※ちなみに、このサイトは入門ということで、本当は基準通りにやらなくてはいけないところを、あえて基準から外してわかりやすくしているところもあります。もうひとつのマニュアルでは、ほぼ基準通りに制作しています。…とはいえ、プロじゃなく趣味でやる分には、そんなこと気にしなくても良いんじゃないの?というのが、私の密かな見解です。

Copyright © 2012 ANITOdesign All Rights Reserved.